スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍の光

 今日はあまりに暑かったので、いつも以上にビールが美味しく喉を通りました。それで、心地よい夜風にさらされながら道を歩いていると、小川のほとりの様子がいつもと違うことに気づきました。
 見ると、蛍が舞っていました。
 それにしても、自分の家の近くで蛍が見られるなんて、驚きです。ほんの10匹程度といったところでしたが、思わず足を止めて、暗闇に舞う光の粒々に見とれてしまいました。水を張った田んぼからは蛙の鳴き声も聞こえます。そのうち蛍の光は、小さな火の玉のようにも見え始めました。光っては消えるはかない命。そんなことを想像したりもしました。

 普段は仕事のことで頭がいっぱいの毎日を送っています。朝起きてから、寝床に就くまで、仕事上の段取りとか、予算のこととか、仕事の成果とか、上司や同僚からの評価、そんなことばかりにとらわれています。
 もちろん、それは苦痛ばかりではないです。
 本物の苦痛とは、必死に取り組むべきものが何も見あたらない時に直面するものだということを、私は経験しているつもりです。
 それに、お金やテクノロジーも大切なものだということにも気づいています。自分の好きなものを手に入れたり、最新の科学技術の恩恵を受けて生活することは、たしかに幸福感につながっています。

 でも、暗闇の中で私を立ち止まらせたのは、そういう幸福感とは少し違う魅力でした。澄んだ空気、きれいな水、大地の匂い。そのようなものに囲まれているという実感こそ、人間としての、本物の幸福感なのかもしれないなと思いつつ、川沿いの小道を歩いて帰途につきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。